スポンサーサイト
--.--.--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例の新訳版を読んでみる
2009.08.23(Sun)00:01
あ~………

すまんっ!福島版の方が面白いですっ!!(コラ

いや、新訳が良い悪いじゃなくて。
私にとっては、もう福島版が全てみたい(^_^;

もうちょっと言わせて貰えば、語り口が違いすぎる。
なんだろう、これは「大宇宙の少年」の新訳(過去に二つある)を読んだときにも思ったのだけれど、文章のリズムが絶妙な訳ですよ。福島正美と言う人は。

翻訳と言うのは、まず原作者の言わんとするところを的確に捉え、それを日本語としてわかりやすく書くと言うのが第一義なのでしょうが。
たぶん、本当にたぶんでしかないんだけど、福島正美という人は、原文を忠実に訳すと言うよりも、面白く読めると言う方に力を入れていたのではないかと。

うん、どの新訳もワクワク感が感じられないのですよ。

もちろんコレは公正なジャッジとは言えません。
何回も何回も繰り返し読んで、身体の中の深いところまで刻んでしまった文章ですから、おいそれと換えが効く訳無いのです。

ただ、個人的には別に福島版で良いではないかと。
無理に新訳にしなくても良いではないかと。
あの訳であったればこそ、発行から何十年経ってもオールタイムベストに選ばれているのではないかと。

やっぱり僕は、ピートの肩を持ちたいと思います。

では。

夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))
(1979/05)
ロバート・A・ハインライン

商品詳細を見る

スポンサーサイト
「文学少女」読み終わりますた
2009.01.25(Sun)21:56

……
駄目だ、何も書けない…orz

とにかく、あなたが本好きなら是非読んで欲しい。
私にとっては、とても素晴らしい本でしたから。

読んで損は無いと思います。

さて、私はこれからのんびりと”恋する挿話集 1”を読むとします。
幸せな時間は、もう少し続きそうです(^^

ではでは~

えっと:感想が”書けない”のは、何を書いてもネタバレになるので…
始まりの一行から、終わりの一行まで、全てを楽しむために出来れば真っ新な状態で読んで欲しいです。
「倉本」 著 倉田英之
2008.08.18(Mon)00:12
いかん、ちょっと気まぐれで読み始めたら一気読みしてしまった。

とまぁ、そのくらい面白いっちゅーか何と言うか…

どうみても危ない本です(マテ



ネタバレを(ry


「ΑΩ」 著 小林 泰三
2008.08.06(Wed)20:56
発表当時は”リアル ウル○ラマン”として話題になった本作ですが、どうしてどうして。

そんな、ぬるい括りが通用する本じゃ無かったです(^_^;


(以下、ネタバレを含むのでwww)


「“文学少女”と月花を孕く水妖」 著 野村美月
2008.06.22(Sun)21:47
”文学少女”シリーズの6作目にして番外編っぽい作品。

”文学少女”シリーズは本当に好きです。
文章の上手さ、語り口の良さが読んでいて楽しい、私好みの逸品です。
まぁ、毎回毎回登場人物が不幸な目に遭ってしまう、とんでもない作品ですが(^_^;

このシリーズの特徴は、どの登場人物も狂おしい程の感情を抱いていることでしょうか。
言ってみれば愛憎でドロドロな話ばかりなのですが、読後感は結構爽快です。
それもひとえに主人公(かな?)天野遠子の凛とした部分によるものかと。
普段はボケボケしている感じなのに、ひとたび事件が起こると、その事件を”想像”し”物語る”ことで人を救っていく。
そういう、ヒーロー然とした格好良さが遠子先輩の魅力なのですが…

シリーズ7作目にして最終作にになる「 “文学少女”と神に臨む作家」では、その遠子先輩自身にスポットが当たります。

”紙を食べる”、いや厳密に言うと”物語を食べる”妖怪(失礼(^_^;)天野遠子。
彼女はいったい何者なのか?
そして彼女の”作家”とは?
井上心葉との関係は?
もう、興味満載の最終章になるはずなんですが…

今回読んだ「“文学少女”と月花を孕く水妖」を読むと…


……
切なくて涙が止まらねぇwww(T△T)

もう、遠子先輩と心葉がどうなるのかが、分かっちゃうじゃないか~(__;)

うぅ~…


ものすご~く気になるので、早速「 “文学少女”と神に臨む作家」に移りたいのですが、まぁご馳走はもう少し残しておいてと(^_^;

次は積み残しの「ΑΩ」(著 小林泰三)に行きたいと思います(^^

ではでは。

“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫 の 2-6-6)“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫 の 2-6-6)
(2007/12/25)
野村 美月

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。