スポンサーサイト
--.--.--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちっくしょ~!iTunesがフリーズしてやがった!!
2008.02.24(Sun)08:53
てなわけでHP-FX500、寝ている間の鳴らし込みに失敗…orz

まぁこんなこともあろうさ、と気を取り直してさっそく朝から聞いてみる。

…どうにも高音のザワつきが取れない。
とりあえず、PCとiTunesのイコライザーを解除してみる。


……

やばい!
やばいよ、このヘッドフォン!!

イコライザーで不自然に強調されている部分が無くなった所為か、いきなり音像が広がった!
空間の再現性がとんでもないことにっ!
う~~~ん、ヘッドフォンでここまでの音が出るとは思ってもみなかった…

普通に、音楽を聞いているのが楽しい~~~♪

しかし、聞いているうちに、PCの音自体のアラが見えてきたような気が…
あと、ソースの音の善し悪しがちゃんと分かっちゃう…
う~~~~ん、ちゃんとしたオーディオ機器だなぁ、このヘッドフォンは。

とにかく、PCの音環境ではこのヘッドフォンの実力を計れないようなので、メインのシステムに繋げようと思います。
ただ、うちのアンプは通常のヘッドフォン端子しか無いから、ミニピンに変換するプラグ買ってこなくちゃなぁ(^_^;

HP-FX500,全体的には満足のいくものなのですが、ただ一点残念な所は、高音の抜けがイマイチかなぁと。
もうちょっとスパーンと突き抜けてくれるともっと気持ちいいんだけどなぁ。
この部分がエイジングで変わってくれると嬉しいです(^^

ではでは。
追記:HP-FX500と同条件でAH-C350を聞いてみた。

解像度、空間の再現性などは明らかにHP-FX500が上だが、高音部の突き抜け感・解像度・開放感はAH-C350の方がよい。
つうか、このキラキラした高音部はやっぱり魅力だなぁ。
この感じがHP-FX500に欲しいんだが…、というのはやはり欲張りなんだろうか(^_^;

たかがインナーイヤーヘッドフォンと思っていたが、ここまでの音になると流石に無視できないなぁ。
今まで二の脚を踏んでいた”SHURE”に手を出してしまいそう(^_^;
Comment













管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。