スポンサーサイト
--.--.--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
良く分からない”配慮”
2007.09.20(Thu)05:28
地上波による”School Days”最終話の放送が見送られたそうです。

女子高校生が父親を斧で殺害した事件を考慮して、放送を見送ったそうですが。

ハッキリ言って意味が分かりません。

これって誰に対しての”配慮”なのですか?
被害者の家族ですか?
加害者の家族ですか?
加害者と同じ高校に通っている人たちに対してですか?

それとも、事件とは直接関係ない、高みの見物を決め込んでいる野次馬達に対してですか?

なんか、最近みんな逃げ腰だよね。
昔から言われてる事だけど、視聴の自由というのが有るのですから。
嫌なら観なければいい。
”良識を~”うんぬん言う奴らの良識こそ、私は疑ってしまいます。
そう言えば、桝添が”自分の出ていない番組で自分に対する批判をするのは、放送の公平性を欠いている”ってな事を言ってましたが

ばっかじゃないの?

じゃぁ、あんた全ての政治を扱う番組に出るって言うのか?
そんな言いがかり付けるのって

言論弾圧って言うんじゃないの?

何か今の時代って、言った者勝ちといった感じで、とっても気持ち悪いです。

話が逸れてしまった…orz

ま、元々悲惨な話で話題を集めていた作品が、いきなり日和ってしまったのが情けないと思ってるしだいです。

ハッキリ言ってしまえば、覚悟が足りなすぎるんじゃない?って事ですな。

ではでは。

何か”ひぐらし~”も放送中止らしいです。
なんだかな~(__;)

追記:その人の心の闇の部分なんて、そんなに簡単に他の人に分かる訳なんか無いと思う。
他の人から見れば大したことない事でも、その人にとってはもの凄く重い出来事であったりもするわけで。
でも、だからと言って、人を殺したり、自分を殺したりしないでおくれ。
人は生きていてこそ人なんだから。
自分が逃げることで、その人も自分も生きていけるのなら、その方がなんぼかましだと思う。
強く有ってくれ。若者よ。
Comment













管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。