スポンサーサイト
--.--.--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作品の面白さとか、熱さとか
2008.04.11(Fri)01:49


コレ観てて、なんとなく。
つか、「ガンバスター」のほうの話なんですけどね(^_^;


(以下は管理者の愚痴みたいなものです(^_^;)
(読もうと思う方は覚悟して下さいね♪)



この作品は基本的にはパロディで、色んな所に仕掛けがしてあって、まぁ昔のオタク向けの代表作みたいなわけで。
大体、コレが作られるって分かったときには”単なるガイナのお遊び作品だろう?”くらいの認識しかなかったわけでして。(題名からして”トップをねらえ!”ですからね(^_^;
ただ、それがこれほどの感動作に成るって言うのは、脚本や演出がドラマの基本を外してないからだと思うんですよ。
どんなにおちゃらけて見せても、どんなに遊んでいても、ドラマとしてちゃんと筋を通しているからだと。

ステレオタイプな登場人物ばかりなのですが、ちゃんと一人一人の内側を描いて、けっして薄っぺらにしない。
一見むちゃくちゃに見える背景世界も、ちゃんと世界観を構築しており、そこから逸脱していない。(しかも、こちらの理解を大きく超える設定はしてないんですよね)
そして、”話”そのものは凄く単純である。

つまり、凄く分かりやすい。

観ていて悩んだりしない。
単純に、観ている話に没入出来る。

んで、何が言いたいかというと、この作品はちゃんと”観る人”を意識して作られていると言うこと。


……
当たり前ですか?

でも、今やっているアニメってちゃんとそうやって作られているかなぁって。
”作画”とか、”設定”とか、”演出”とか、そんなものぶっ飛ぶほど”物語”に没入させてくれているかなぁって。

もちろん”考える”作品であっても、それはそれでかまわないんですが、もうちょっと単純に”物語”が楽しめるものが無いものかと…

あっ、ココで言うのはアニメオリジナルな作品についてです。
”その先は本を(あるいはマンガを)読めば分かる”って言うのじゃなくて、”うわぁ~!次はどうなっちゃうんだろう!!”って言う醍醐味が有る作品ですね。


ちょっとね、久々にアニメを観て”燃えて”みたいんですよね(^^

ではでは。

追記:最近燃えたのは”ゼーガペイン”かなぁ。
でも、あれも背景世界が複雑なところが有って、単純に物語に没入しづらかった…
それでも頑張って観てたから、面白かったのは間違いないんですけどね(^_^;
最後に向かってのカタルシスとか、最高だったなぁ~~(^^

あっ、あと”バンブーブレイド”のオリジナル部分は、かなり燃えました~(^^
Comment













管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。