スポンサーサイト
--.--.--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”破”を観てきますた
2009.07.10(Fri)22:11
庵野、ぶっとばす!(エ
うそうそ(^_^;
まぁ、上映途中で本気でそう思ったりしましたが…(オ

では、私情と暴言に満ちたレビューのはじまりはじまり~(マテ
(多分ネタバレをたんと含む(^_^;


まぁ、アスカ好きの私としては、よくもあんな目に遭わせてくれたなと。
つか、トウジのアイスは外れるわ、アスカは電話するわ、もう身代わりフラグ立ちまくり。
オマケに搭乗前のミサトへの電話で、死亡フラグまで立ってしまって…
私はもう、内心気が気じゃなかったですよ!
とりあえず生きててくれたから良かったけど…
オマケにQの予告で、その勇ましいお姿が又観られたし。
今なら、笑って全てを水に流してあげるわ(ニッコリ

しかし、”破”であるからして、どのくらい旧作をぶっ壊していくのかと思ったら、結構話としては旧作の再構成ってイメージで進んでいきました。
えぇ、レイが助かってしまうまではね。
まぁ、これで次作は完全に解体作業が成されること必至なわけです(エ

それにしても、”序”も”破”も劇場版を銘打つだけあって、その映像クオリティは半端無いです。
つうか、日本でスクリーンでこれだけ栄える画を作れるのって、もはやカラーとジブリくらいしかないんじゃないですかね。
エヴァ3機の全力疾走シーンとか、奇跡のような躍動感だし!
劇場版だからとかじゃなく、魅せる画ってのはこういうモンだ!と画面が啖呵切っているようでした(^^
それにしても、劇伴でカレカノの楽曲が使われていたのにはビックリ!
しかも、劇場版の為にあつらえたかのように、全然違和感が無かったし。
個人的に、カレカノのサントラは全部買ったほど好きなので、本当に嬉しいサプライズでした(^^

まぁ、とにかく開始からしばらくの間は口開けたまんま観てましたし(^_^;
ラストの方では、ポップコーンの容器を変形させながら観てましたし(;^_^A アセアセ…

本当に面白かった~~~~!!

で、”Q”までまた2年近く待たないといけないのかなぁ…
それだけが、ちょっと辛いですね。

早く!早く観たいよう!!

ではでは~
Comment













管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。