スポンサーサイト
--.--.--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「化物語」第二話を観ますた
2009.07.29(Wed)23:45
いつも思うのだが、新房って人は出し惜しみとかしない。
今まで培ったモノ、全てを使って作品を作っていると思うん。

で、それを踏まえた上で思うのは…

多分、原作は凄まじく面白いみたいだ!(マテ

いや、もうなんだろうね。
この”アニメ”は「化物語」を新房の目を通して切り取った作品なんであろうと。
そういう風に思わせるほど、隅々に流れる台詞は文章的だ。
そして、レトリックに満ちたその台詞群は、その面白さ故”文章として”自分で読んだ方が面白そうだと思わせてしまう。

本読みとしての自分を呼び覚ましてくれるアニメ…

なんて、アンビバレントな作品なんだろうと。

このアニメは面白い。
そう、確かに面白いのだが、たぶん小説を読んだ方が自分的にはもっと面白い。
と言うことは、このアニメは失敗なのか?
いや、多分そうでは無いのだろう。
”文章”をこういう風に映像化できる人はそうは居ない。
西尾維新と言う作家が、多分希有な作家なのだろう。

とりあえず”戯言シリーズ”を読んでみるか。

ではでは。
Comment













管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。